プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


天気予報
カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示
気まぐれエリア
八重山諸島の風景です。
検索フォーム
ブログ内検索
ありがたいコメント
URLのご記入をお願いします。
Special Thanks
EPOの写真日記さま
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

By FC2ブログ

PING送信プラス by SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック

ねこひげ 美ら島へ行く Vol 2

北海道と沖縄以外は、生憎の空模様のようです。
三連休初日いかがお過ごしでしょうか?
お越しいただきありがとうございます。

今日は、沖縄旅行の続きです。
レンタカー会社を出発し、日本最南端の駅近くを通り「イオン小禄店」へ。
買出しがてら駐車場で、荷物を開け目的地をナビにセット。
行き先は、太平洋を一望できる、沖縄の新しいドライブの名所です。
空港近くの多くのレンタカー会社から、1時間もあれば到着できます。
20160710_1319_5443.jpg

事前にGoogle Earthで、どのような位置関係なの下調べ。
展望台付近に駐車場があるようだが、入り口付近に路駐の車が…。
2016_niraikanai.jpg

次にストリートビューで確認すると…。
車での進入を防ぐ、ポールが立っていたのですねぇ。
海に向かって左側に路駐するか、右手奥の駐車場に車を止め展望台へ。
ただ、右手のPが満車の場合、バックで出て来なくてはならない可能性が…。
2016niraikanai.jpg

車を止めた場所から、5分も歩かない距離に展望台があります。
そして、そこにある注意書きの看板。
今では使われていない「輌」の文字。
なぜか懐かしさを感じました。
20160710_1321_5451.jpg

県道86号南風原知念線、終点部分に架かる吉富高架橋ニライ・カナイ橋
橋の入り口と出口では45mの高低差があり、くねくねと曲がっています。
ニライ・カナイ橋の平均勾配を、Google Earth等から割り出すとは5.6%
トンネルを抜けたとたん、目前に絶景が広がるので感動すること間違いなし!
だが、台風1号が低気圧に変わって24時間後、風が強く雲も浮かぶ風景。
晴天だったら、もっと海の色が違っていただろうに…と思うと凹んだ。
20160710_1320_5447.jpg

時計を見ると13時を回り、既に1時間以上ニライ・カナイ橋に滞在していた。
すっかり昼食を忘れていた。と言うか、「弐万かつサンド」は腹持ちが良い。
しかし、喉の渇きは補わなくてはならず、国道331号沿いのA・コープに向かった。
この後、北部にあるホテルまで行かなくてはならない。
距離にして100Kmほどあり、高速道路を使っても2時間はかかる。
だか、その前に4月に立ち寄れなかった場所がある。
絶好の曇り空、チェックインが少し遅くなっても寄る価値はアル。

立ち寄った場所は、ゆいレール壺川駅から徒歩10分程度の「壺川東公園
かつて南大東島を走っていた、シュガートレインのディーゼル機関車が鎮座してます。
その後ろには、上回りこそ無いが、シリンダーとロッドを持った蒸気機関車の下回り。
この公園に展示された言われは、1914年~1945年まで沖縄軽便鉄道が運行。
この公園内を走っていた縁からのようだ。(後日、別記事で画像を追加します)
2006年6月26日に一度立ち寄ったが、L型ディーゼルの痛みが激しく感じた。
20160710_1322_5468.jpg

20分くらいだったか、KATOくんとの再会を楽しみホテルへ向かいました。
那覇ICに向かう道すがら、沖縄県営鉄道の面影を残す半円形の建物。
その独特な形をした美田アパートは、跡形も無く仮囲いされていた。
建て替えのための解体なのだろうか?
そうこう考えなら走ると、やがて与那原線の橋台の案内板が見えた。
2016_mita.jpg

那覇ICまでは交通量が多く、壺川東公園から25分をかけて沖縄道へ流入。
ここの高速道は80km/hの制限速度。ついつい速度が上がりがち。
こまめに速度とルームミラーを気にしていないと、覆面パトーカーの餌食に!
楽しい旅行が台無しになってしまいます。どうぞお気を付けください。
途中、伊芸SAで休憩がてら、金武湾越しに伊計島を望むもヌケが良くない。
早々に切り上げ許田ICを出たのが15時20分。那覇-許田57.3kmを45分で走行。
定宿のリゾートホテルベル・パライソに到着したのが16時少し前だった。
で、今回は事前に客室のリクエストをしておいた。もちろん有料ですが…。
やらせの演出でカーテン越しに海を眺める。(備品のタオルで縛りました)
20160710_1324_5480.jpg

離島ならではの美しい海や「沖縄版アダムとイヴ」の伝承と、
「嵐」が出演したCMの影響で、猫も杓子も足を運ぶ古宇利島
そんな島を眺めようと、最上階の角部屋をリクエストしておいた。
2016_0710_1323_5477.jpg

台風1号から変わった低気圧が、東シナ海を覆っています。
20160710_0905.jpg 20160710_0907.jpg

明日(11日)本当に晴れるのか?
20160710_0912.jpg 20160710_0908.jpg

波の高さ4mの予想と風の海上警報。
さて、予定通りに運ぶのだろうか?
続きます。
20160710_0917.jpg 20160710_0910.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
明日も引き続き大気の状態が不安定のようです。
急な雨や突風に十分お気を付けください。
またのお越しを、お待ちしております。

撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
関連記事

テーマ:旅行の写真
ジャンル:写真

タグ:ニライカナイ橋 壺川東公園 覆面パトカー 古宇利島

Comment

非公開コメント