プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


天気予報
カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示
気まぐれエリア
八重山諸島の風景です。
検索フォーム
ブログ内検索
ありがたいコメント
URLのご記入をお願いします。
Special Thanks
EPOの写真日記さま
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

By FC2ブログ

PING送信プラス by SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック

梅の香漂う線路端

皆様、こんばんは。
今日は寒い一日でしたね。
お越しいただきありがとうございます。

本日画像は、
国鉄が消滅した日と共に消えた、土浦と岩瀬を結んでいた筑波鉄道筑波線です。
初訪問は廃止となる3月でした。
西の江若・東の筑波と言われたように、6形式9両が活躍していました。
先ずは、国鉄から払い下げられたキハ301です。
廃止前年に入線し、僅か7ヶ月の短い活躍でした。
なので、関東鉄道のキハ300形と言った方が、お馴染みかも知れません。
元をたどればキハ30-16。大宮機関区から高崎第一機関区に移管された車両。
前面の行先表示器撤去と、手すり取り付け以外は、ほぼ原形を留めています。

また、この地には1192年に築城した、平城の小田城がありました。
しかし、1602年には落城。そして、300余年後の1918年。
その本丸付近を斜めに横切る筑波鉄道の線路が敷かれた。
正にこの場所が、小田城址本丸付近のようだ。
そして、廃線後は本格的な発掘調査が実施。
中世の小田城の姿を復元した歴史広場として再生される予定です。
廃線跡を利用した「つくばリンリンロード」は、城址の西側を迂回してます。
19870312_0007.jpg
キハ301/田土部-常陸小田/1987.03.12(木)

正面だけですが、比較画像をご用意しました。
同じ高崎第一機関区所属のキハ30-18です。
198703_3018.jpg
724D/キハ3018/上神梅-水沼/1987.03.14(土)

ご覧いただきありがとうございました。
明日も寒さが続きます。
どうぞご自愛ください。
またのお越しを、お待ちしております。

撮影や更新リの励みになります。
お帰り際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
関連記事

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:筑波鉄道 キハ301 キハ30-16 キハ30-18 廃線 小田城址

Comment

非公開コメント