プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


天気予報
カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示
気まぐれエリア
八重山諸島の風景です。
検索フォーム
ブログ内検索
ありがたいコメント
URLのご記入をお願いします。
Special Thanks
EPOの写真日記さま
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

By FC2ブログ

PING送信プラス by SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック

さよならDF50 惜別の涙雨

皆さん、こんばんは。
お越しいただきありがとうございます。

今日は、一年で一番昼間の短い日の冬至ですね。
しかし、普段の冬至とはちょっと違う冬至の日です。
新月と冬至が重なる19年に1度訪れる朔旦冬至
そして、大騒動だった東京駅100周年記念suica15000枚の限定解除。
東京駅100周年スイカ、希望者全員に JR東が再販売へ

本日は、さよならDF50乗車編です。
まずは下記の時刻をご覧ください。
亀山-新宮間180.2km所要時間6時間18分表定速度28.6km/h
列車交換11回・接続追越1回の計12回が行われました。
小回りの利くバイクとは言え、この美味しさ全部を消化するのは不可能です。
しかし、半分は消化できるだろうと、熊野市のYHに泊り神志山からスタート。
だが、当日は雨となり乗車する事に変更せざるを得なくなりました。
122レ(さよならDF50)時刻表
122レ交換・待避122レ交換
新宮9:56紀伊長島13:14
鵜殿10:02梅ヶ谷13:403D 13:38
紀伊井田10:06大内山13:45125レ 13:47
阿田和10:14伊勢柏崎13:53
紀伊市木10:19阿曽14:00
神志山10:23327D 10:23滝原14:07
有井10:29三瀬谷14:14
熊野市10:33三瀬谷14:201311D 14:21
熊野市10:40川添14:29
大泊10:45栃原14:37331D 14:38
波田須10:49佐奈14:45
新鹿11:031301D 10:55相可14:50
二木島11:08多気14:56
賀田11:14多気14:57
三木里11:21徳和15:06903D 15:06
九鬼11:26松阪15:11
大曽根浦11:391901D 11:39松阪15:19
尾鷲11:45329D 11:46六軒15:26
尾鷲12064D 11:57高茶屋15:33
相賀12:16阿漕15:39
船津12:2215:44127レ 15:50
三野瀬12:361D 12:3415:48
紀伊長島12:46一身田15:54
下庄16:04
亀山16:12
1301D:急行はまゆう(鳥羽-紀伊勝浦)
1901D:急行紀州1号(名古屋-紀伊勝浦)
1311D:急行きのくに25号(鳥羽-天王寺/鳥羽-伊勢市:普通列車)
905D:急行紀州3号+くまの(名古屋-紀伊勝浦+京都-紀伊勝浦)

122列車の始発駅新宮にも、新宮早玉YHがあったのだが、
満室だったか駐輪場の理由で熊野市青年の家YHに宿泊。
当日は、熊野市から一度新宮に行き乗車予定でした。
しかし、R・I君の提案で井戸川橋梁で122レを撮ってから乗車。
だが、本降りに近い雨に加え、露出も厳しく結果はドボン。
19800301_0043.jpg
122レ/DF50-57+DF50-26+旧客6B/尾鷲駅/1980.03.01
変色・退色は、ご勘弁ください。

三重県北牟婁郡紀北町海山区二ノ場
セレモニーホール花水木付近です。
19800301_0051.jpg
三野瀬-相賀

南紀1号の乗務員が、タブレットをラセン受け器に投げ入れる体勢に。
また、駅本屋軒下には、円形の「警戒標識」が掲げられています。
強風と書かれているようです。
19800301_0056.jpg

タブレットを受け取り走り過ぎて行きました。
1号車はキハ82-42・122レの最後尾はオハフ33のトップナンバーでした。
19800301_0062.jpg
三野瀬駅

2004年9月の台風21号による橋脚流出した赤羽川橋梁です。
当時は上路式デッキガーター橋10連でした。
また、7連目の橋桁は1986年に下路式デッキガーター橋に架け替えられました。
19800301_0064.jpg

紀伊長島駅の腕木式信号機が見えて来ました。
本線場内信号機と通過信号機。その隣は副本専用場内信号機です。
19800301_0065.jpg
紀伊長島-三野瀬

紀伊長島駅で30分ほどの休憩です。
19800301_0068.jpg

白帯の57号機とステンレス帯の26号機。
これに影響されて、DF50バラキット2両購入。
ひとつは、しなのマイクロ。もう一両はどこのメーカーだったか、今だ手付かず…。
19800301_0066.jpg
紀伊長島駅

荷坂峠で紀伊国と伊勢国との境を経て梅ヶ谷駅に到着。
ここでは、南紀3号(キハ82-9)と交換待ち。
既にホーム上のスペースが無く、国道の歩道からの交換風景。
折しも、歩道脇に植えられた梅花が花を添えていた。
19800301_0081.jpg
梅ヶ谷駅

雨上がりの大内山のカーブでは、10数名の撮影者の姿が見受けられました。
道中は半分を過ぎたものの、まだまだ焼玉エンジンの音が楽しめる。
だが、熊野市まで戻らなくてはならない。亀山往復すると熊野市着21時43分。
亀山まで行きたいが、大内山からDD51牽引の旧客に乗って戻る事にした。
19800301_0086.jpg
大内山-梅ヶ谷

ご覧いただきありがとうございました。
またのお越しを、お待ちしております。


撮影や更新リの励みになります。
お帰り際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
関連記事

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:122レ 時刻表 さよならDF50 腕木式信号機 タブレット

Comment

非公開コメント