プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


天気予報
カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示
気まぐれエリア
八重山諸島の風景です。
検索フォーム
ブログ内検索
ありがたいコメント
URLのご記入をお願いします。
Special Thanks
EPOの写真日記さま
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

By FC2ブログ

PING送信プラス by SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック

市木川と紀勢本線

皆さん、こんばんは。
お越しいただきありがとうございます。

昨日の引き続きです。
熊野市-新宮間22.6kmの間には、井戸川・志原川・市木川・尾呂志川・神内川・熊野川と、いくつか地図に明記されない川があります。その内の市木川に架かる橋梁です。名称は市木川橋梁で良いと思うのですが、検索しても出て来ない…。
橋梁構造は槽状桁の、2011年台風12号で流失した井戸川橋梁と同じです。
198002_0015br.jpg
紀伊市木-阿田和
冬の時期と言う事もあり川原に下りてみる。
槽状桁は、レール面から桁下までの寸法を、最小にできる構造です。
キハ82の車輪径860ミリと比較すると、高さは車輪の半分強と言った所だろうか。
198002_0016br.jpg


この時は何も考えず、奥の橋と槽状桁を比較するために意図して撮ってみた。
あれから30年を過ぎた頃、この場所は何処だったかな?と…。前後のネガを見ると、記憶の通り鵜殿駅と熊野市駅の間で間違いなかった。そして、河口側からの撮影からだと、ず~と思っていたが、実際は川上からの撮影だった。なので、なかなか撮影場所の特定ができなかった。
 そして、アーチ状五連の橋が「緑橋」と言うのが分かった。この橋は、大変重要な役目を果たしている事が分かった。水門を備えた、1918年(大正7年)竣工の防潮水門になっているとの事です。驚く事に、水門の開閉は動力に頼らず、海側の水位が上がればその圧力で扉は閉じる構造になっている事です。完成から約100年になりますが、今でも農地を守っているそうです。 あの時、このような知識があれば、緑橋の細部を撮って来ただろうに…。
198002_0022br.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
明日は大荒れの予報が出ています。
どうぞ、お気を付けください。
またのお越しを、お待ちしております。

撮影や更新リの励みになります。
お帰り際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
関連記事

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:キハ82 DF50 緑橋 市木川橋梁 防潮水門 紀伊市木-阿田和

Comment

非公開コメント