プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


天気予報
カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示
気まぐれエリア
八重山諸島の風景です。
検索フォーム
ブログ内検索
ありがたいコメント
URLのご記入をお願いします。
Special Thanks
EPOの写真日記さま
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

By FC2ブログ

PING送信プラス by SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック

キハ22 295 お買い物列車うとう号

こんばんは。
お越しいただきありがとうございます。
昔の記憶を思い出す回想で、思い出を引き出そうと脳が活性化して、ボケ防止にも効果的な方法のようですね。今日も昨日に引き続きまして、懐かしい写真を載せてみたいと思います。

1986年11月のダイヤ改正で登場した、青森-浅虫温泉の区間運転列車「お買い物列車うとう号」。車内は、セミクロス改造が行われ、外装はトリコロールカラーで盛岡色よりも一足早く登場しています。キハ20系の北海道向けとして製造されたキハ22ですが、寒冷地でもある東北でも配置両数が多く。JR東日本盛岡支社では、大湊・青森・八戸・盛岡・一ノ関の各区所に配置されていました。
そして、青森-浅虫温泉の他にも、津軽線の列車へ連結され蟹田まで運転されたようです。

国鉄民営化後の初の大型連休。この時は未だ青函トンネル開業前。青函連絡船が、北の大地へ向かう人たちの足として活躍していました。そして、青森駅の長いホームも乗り換え客で賑わっていました。この日は、1987年5月6日(水)。北海道からの帰り道、2番線にカラフルな気動車が停まっていました。更にその奥4番線には、14時27分発秋田経由盛岡行き特急「たざわ」16号も、函館10時10分発青森14時5分着青函6便の接続を待っていました。
19870506_0040.jpg

運転台下のH・Mは前後で違っています。上り方は、絣の着物に赤い前掛け手拭いを被り、左手には買い物籠をお持ち、名産のリンゴがあしらわれています。そして、下り方はトリコロールカラーをベースに、陸奥湾?の夕陽に向かって飛ぶ善知鳥?が描かれていました。その隣の国鉄色のキハ58系は、14時50分発五所川原行きの快速「岩木」号です。そして、1番線には、14時35分発盛岡行き特急「はつかり」22号が停車していました。
19870506_0041.jpg

撮影や更新リの励みになります。
お帰り際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム

またのお越しを、お待ちしております。
関連記事

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:お買い物列車うとう号 たざわ 岩木 青森駅 青函連絡船

Comment

非公開コメント